2013年05月15日

日本一のエコスタジアム


リユース食器NPOのトップランナー、「スペースふう」さんとJ1「ヴァンフォーレ甲府」の取り組みが日経新聞に掲載されました。記事のタイトルは「日本一のエコスタジアム」。

VF甲府のホームスタジアム「山梨中銀スタジアム」では、2004年からふうさんのリユース食器を導入し、「エコスタジアム・プロジェクト」を開始。今年で10年目を迎えています。

スタジアム内では紙コップを廃止し、会場内での飲料の販売などにリユース食器を使用しています。また、ごみの分別回収や、ごみ持ち帰り袋の配布、ごみ量の調査、エコブースでの環境活動体験なども実施しています。これらの取り組みは、サポーターや飲食店舗なども全面的に協力してくれているそうです。

VF甲府の担当者は記事の中で「アウエーサポーターにも理解され、甲府に来たら(リユース食器を使用することが)当たり前と思われている」と話しています。

2012年のシーズンからは、スタジアム内の電光掲示板でリユース食器が使われた数をCO2削減量で発表。見える化を進めることで、サポーターが環境問題に敏感になってくると言います。

記事には、「人が集まれば、その分ごみが出がちだが、努力と工夫しだいで環境にやさしいイベントをつくることができる」とあり、さらに「日本一のエコスタジアムの地位が確立されたことで、スタジアムとクラブの価値も高まっている」としています。

http://ameblo.jp/spacefuu/entry-11530842472.html
posted by Waveよこはま at 00:00| 【活動報告】