2010年02月12日

青葉区近辺にある30の直売所

100117どんぐりくろ.jpg

キタハラです。

森ノオトの産休でしばらくお休みしていたと思ったら、今度は勝手に育休を取得してしまいました……。すみません!!!
森ノオトは平日毎日情報更新しています。よろしければ、ぜひご覧になっていただき、感想等をお寄せください。

さてさて、前回のエントリーでは、意外と豊かな青葉区の農業事情についてお伝えしましたが、今回は青葉区の直売所について。

青葉区・緑区の北部を含めて、このあたりには新鮮な地元野菜が手に入れられる直売所が25カ所あります。
直売所といっても、生産農家から直接対面で買えるところから、屋根のついた棚に貯金箱が置いてあってそこにお金を入れて好きな野菜を持っていくタイプのところまで、さまざまです。
実は、マップに載っていないところでも、幾つか直売所があるので、おそらくその数はゆうに30を超えるのではないでしょうか。

直売所のいいところは、何と言っても採れたての野菜が手に入ることです。
朝採れたばかりのものは新鮮で美味しく、栄養もたっぷり。
それに、誰がつくったのかわかるので、安心して食べられます。

それに、「旬」がわかるというのも大切なポイントの一つです。
都市近郊の農業の場合、大規模農業とは違い、少量多品種、多くが露地ものです。
そのため、冬に温室で夏野菜をつくる、という、ちょっと無理した農業をしない(できない)環境にある農家がほとんどです。
旬の食材は、わたしたちの身体の季節感にもやさしく作用します。
例えば今の季節であれば、冬に蓄えた脂肪を排出して春に備えるように身体ができていますので、苦味のあるふきのとうや、青菜などがぴったりです。

直売所に行けば、今いちばん美味しくて身体にいい野菜が置いてあるはずです。
ぜひ、野菜から旬を感じてみてください。

「あおば区農産物直売所マップ」は、コチラからダウンロードできます。




posted by Waveよこはま at 11:19| 【エココラム】