,横浜からリユースの波をおこせ!Waveよこはまは、神奈川県横浜市のリユース食器・食器洗浄車貸し出し事業を行うNPO法人です。" />

2009年09月16日

読み聞かせ本



事務局のAkoです。


娘が通う小学校では、低学年を対象に毎週木曜の朝、
保護者ボランティアによる絵本の読み聞かせを
しています。

クラスの母たちの有志が集まって、毎週二人ずつの
持ち回りで行います。キラキラした目で目ぴかぴか(新しい)
じ〜っと聞き入る子ども達と過ごせる数分は
とても清々しい朝を届けてくれるものです。

わが子に絵本を読んであげた経験しかない読み聞かせシロウト
の母たちがほとんどですが、次は何を読むと喜ぶだろう…と
皆で知恵を絞ります。

さて、
先日私の番が回ってきました。
次には絶対読んであげよう! と思っていた本。
キタハラさんが以前ブログで紹介してくれていた
「もったいないばあさん」を選びました。

そしてもう一冊。
本屋さんでその表紙のかわいさに釘づけになった本。
「ちきゅうのためにできる10のこと」

32187632.jpg

世界数カ国語に訳され、諸外国ではよく早期環境教育に
使用されているのだとか。
ヨーロッパタッチのとてもかわいい仕掛け絵本です。

2冊とも、子ども達はいつもの目ぴかぴか(新しい)で聞いてくれ、
終わってからは自分たちにできることを少しディスカッション
することができました。
「教室に人がいないときは電気消そう!」
「うがいはコップでできる。お水とめよう!」
「ゴミがんばって分けよう!」

こうしてこの日も清々しい朝を過ごし
帰り道、ペアのママ友と井戸端会議。

「日本ってさあ、環境教育やってんの?」
「え〜?あまり聞いたことないね。きっと知識乏しいよ。」
「私たちって環境教育されたっけ?」
「何をもって環境教育?私達は育ってきた中で自然と
 もったいないを教えられてきた気がするね。」
「ねえ、今の地球温暖化とかって説明できるぅ?」
「え〜!?…できそでできないかもたらーっ(汗)
「子どもに教えてあげないとね。」
「っていうか、私達がちゃんと学ばないとね。」
「えっ、とにかく今日からどうするう?」
「家でできることから子どもと一緒にやってみよか。」
「うん、せめてあの10個からね。」

 …環境教育とは…?
問題が大きすぎて処理できない私達でした。
今度、幼稚園や小学校の先生に訊ねてみようひらめき
posted by Waveよこはま at 15:05| 事務局のプチEco日記