2009年04月23日

リユース食器の一歩先行くマイ食器

キタハラです。

アースデー.jpg

先の日曜日、キタハラ家では「アースデー東京」に行って来ました。
キタハラにとってアースデーは、仕事のネタ探し、取材先で知り合った人との再会、そして安全で美味しい食材やグッズとの出合いが得られるイベントで、毎年欠かさず足を運んでいます。
今年は生まれたばかりの娘を連れていきましたが、人の多さに途中でぐったりとしてしまいました。
公式発表によると、来場者は2日間で14万人だとか。
それだけ「地球のことを考えるお祭りに参加する人」が増え、「エコの環」が広がってきたと言えます。

Waveが活動を開始する直接のきっかけになったのが、2年前のアースデーです。
キタハラ家と金子家で一緒にアースデーに赴き、ランチを食べる時にリユース食器を借りました。
ビールを飲んで、ビンを返せば100円をもらえる。
代表とキタハラ氏にとっては初めての経験。
「こうすれば、ハロウィンでもゴミが出ないんだよな」と、食事を食べながら何やら真剣に話し込み、その半年後のハロウィンイベントではリユース食器を導入、さらに半年後にはWaveよこはまが立ち上がった……という経緯があります。

マイ食器.jpg

アースデーではすっかりリユース食器が定着したようですが、今年、特に目に付いたのは「マイカップ」「マイ食器」を持参する人の多さです。
リユース食器の貸し出しコーナーは、お昼前にはすでに長蛇の列で、ようやく借りられたと思ったら食べものにありつけるまでも大行列。これではちょっとうんざりです。
マイ食器を持っていれば、飲食ブースに並ぶだけ。圧倒的に楽ですよね。
キタハラたちの友人・Mファミリーは、お弁当を持ってきていたので、人混みにまみれることなく、小さい娘さんはニコニコでごはんを食べていたそうです。

一歩先行く人たちは、リユース食器よりもマイ食器の持参が当たり前で、楽。
おしゃれなスタイルとカッコいい食器(塗りのお弁当箱とか、ニュアンスのあるブリキの食器、飯ごうなど)に目を奪われ、「キタハラ家ではイベント参加時にマイ食器を持参しよう!」と、さっそく、ミーハー心丸出しで決意したのでした。

ちなみに、本当の「アースデー」とは、4月22日だそうです。
「地球の日」と名付けられ、世界各地で持続可能な社会を表現するためのイベントが行われています。

posted by Waveよこはま at 20:02| 【エココラム】