2008年11月03日

ストップ温暖化大作戦かながわで審査員特別賞を受賞!


キタハラです。

11月2日、「ストップ温暖化大作戦かながわ」公開プレゼンテーション選考会が、神奈川産業振興センターで開催されました。
なんとWaveはそこで、審査員特別賞を受賞したのです!

一村一品3.jpg

これは、平成20年度環境省委託事業「一村一品・知恵の環づくり」の一環で、全国の各地域で行われているユニークな地球温暖化防止活動を掘り起こそうというもの。
主催は、神奈川県地球温暖化防止活動推進センターです。

今年の2月、キタハラは全国地球温暖化防止活動推進センター「ストップ温暖化一村一品大作戦」全国大会を取材し、全国各地の地域特性を生かしたさまざまな活動があること、また、温暖化防止活動が地域に新しい価値観や活力を与えていることを知り、たいへん刺激を受けました。
当時、Waveはようやく胎動を始めたところ。いつか全国的にも評価されるような事業に成長すればいいなあと思い、そしてWaveの活動にはその可能性がある、と直感していました。

そうこうするうちに春にはNPOが立ち上がり、夏の繁忙期を経て、ちょうど9月の横浜カーフリーデーで、神奈川県地球温暖化防止活動推進センターの方に応募してみないかと声をかけられたのです。さっそく応募書類をつくり、11月2日の選考会に臨むことになったのです。

とはいえ、まだまだWaveには知名度も活動実績も足りません。
あるのは、若さと情熱(笑)、そして手前みそではありますが、「リユース食器と食器洗浄車の貸し出し事業」の先見性。特に食器洗浄車を神奈川県で保有しているのはWaveだけ、全国的にもまだまだ珍しいものです。
また、民間の有志たちが創意工夫で仕事をつくり、リユースの波をつくり、発信しているという点も大きなアピールポイントとなるだろう、と思いました。

そこでわたしたちがやった行動とは……

一村一品1.jpg

仮装かよ?!(笑)

いえ、冗談ではなく、Waveの活動はそもそも、よこはまハロウィンで大量に出るゴミを何とかしようというところからスタートしたのです。
紙コップやプラスチック容器ではなく、繰り返し洗って使えるリユース食器を使うことでゴミを減らし、また、イベントの場でそれを使うことで多くの人にリユースの大切さを伝えていくことを活動の柱にしました。
なので、ドラえもんや海老フライ姿でのプレゼンテーションと相成ったのです。

一村一品2.jpg

Waveの行動力と先見性が評価されたのか、はたまた仮装が奏功したのかはわかりませんが、審査員の先生方のハートをぐっとつかみ(?)、見事、審査員特別賞を受賞することができました。
これは、Waveにとっては大きな励みになりました。
残念ながら全国大会への出場とはなりませんでしたが(笑)、12月13日には開港記念会館ホールでの表彰式が行われるので、また仮装姿で(?)参加してこようと思います。

この賞に恥じぬよう、またこれを励みに、Waveでは「横浜からリユースの波をおこす!」を合言葉に一生懸命活動していきたいと思います。
これからもみなさん、どうぞ応援よろしくお願いします。

posted by Waveよこはま at 12:41| 【活動報告】