2008年10月10日

Waveの本拠地で開催される「田園コンサート」のお知らせ

キタハラです。

はさかけ

先週の日曜日、10月5日に、Waveよこはまスタッフ数名で稲刈りに参加してきました。
Waveの本拠地、横浜市青葉区の北のはずれに、「寺家ふるさと村」という昔ながらの田園風景が残る一帯があります。そこで無農薬の野菜や米をつくっている自然農のNPO「農に学ぶ環境教育ネットワーク」が、10月12日に「田園ふれあいコンサート」を開催します。
Waveよこはまでも、リユース食器の貸し出し、およびスタッフがボランティアとして参加します。

田園ふれあいコンサートでは、田んぼひろばで親子の食育ワークショップや、森の産物でおもちゃをつくるイベント、地元アーティストによるミニコンサート、そしてフォークソングの大御所・小室等さんによる「かがり火」コンサートを開催します。
ふるさと村の自然のなかで、実りの秋に感謝しながら、小室さんの美しい歌声に癒されてみてはいかがでしょうか。

日時:10月12日(日)
会場:横浜市寺家ふるさと村「大池」手前
(東急田園都市線青葉台駅より「鴨志田団地」または「寺家町」下車。駐車場が限られているため、公共交通機関をご利用ください)
プログラム:
田んぼ広場開場 10:00〜14:00(森のワークショップ、食育講座は10:00〜12:00)
コンサート1部(地元アーティストによる公演)13:00〜14:00
コンサート2部(小室等さん、ゆいさんを迎えての「かがり火コンサート」)16:30〜18:30、開場15:30
☆コンサート2部のみ、開催協力金として大人1000円、子ども500円必要です。
☆足場が悪い可能性がありますので、なるべく長靴や汚れてもよい服装でお越しください。

なお、コンサートは田んぼで行うため、前日や当日の天候によって足場が悪くなった場合などは、やむを得ず中止することがあります。当日の朝、開催の可否をホームページで案内します。必ずご確認のうえ、ご来場ください。

のぶちゃんとわたし

ちなみに、稲刈りに参加して、つくづく「無農薬はあまくない!」と実感。
機械が入らない谷戸なので、すべて鎌で刈らなければならず腰は痛いわ、雑草が生い茂って草に負けるわ、長靴すら非力で裸足で田んぼに脚をつっこむわで、大騒ぎ。
しかし、赤とんぼ、バッタ、ザリガニ、蜘蛛、カマキリ、カエルなど、多種多様な田んぼの生物とふれあうことができ、「いのちが生きる農の風景とは、本来こういうものなんだ」ということが身にしみてわかりました。
久しぶりに泥だらけになって、いい汗をかきましたよ!
みんな、「たまには農作業もいいもんだね」などとのんきなことを言っていましたが、これを毎日やっている自然農の方々には本当に頭が下がります。
いち消費者としてできることを、真剣に考えていきたいものです。

泥んこ三兄弟

posted by Waveよこはま at 10:21| 【エココラム】