2008年09月05日

2008年の夏を振り返る……今年は暑かった?

キタハラです。

夏の花火.jpg

8月が終わりましたね。
昨年は記録的な猛暑(国内最高気温を更新)、今年はゲリラ豪雨の頻発と、毎年、夏には「劇的」な気象の変化が訪れているようです。
「今年の夏は暑かった!」と思われている方も多いと思いますが、実は去年に比べるとこれでもだいぶ涼しい方だったのですよ。

昨年は、東京では最高気温が30度以上の真夏日が27日間、朝の気温が25度を下らない熱帯夜が22日間。最高気温が35度を超える猛暑日は、6日もありました。
(そう、この年の気象の一大ニュースとして、最高気温が35度を超える日を「猛暑日」という定義が、初めて定められたのでした)
今年は、真夏日が20日間、猛暑日はわずかに1日です(最高気温が34度台後半という日は結構ありましたが)。熱帯夜は14日間です。
特に8月24日以降続いた雨の影響も大きいのでしょうが、暑さのピークはお盆とともに去りにけり……といった傾向でした。

その分、1時間に50ミリを超える大雨や、突然の雷など、「ゲリラ豪雨」あるいは「ゲリラ雷雨」がわたしたちを悩ませました。熱帯のスコールだって、こんなにはひどく降らないはずですよ……。
かくいうキタハラも、買い物をしに駅前のデパ地下に入ったら、たった15分の間に外は大荒れ。雷はピカピカ、近くでドーンドーンと大きな音がして、正直、怖いなあと思うほど。ゲリラ豪雨には傘では太刀打ちできないので、重い荷物を持ちながら30分ほど途方に暮れたものです。

9月に入ってまた最高気温が30度を超える日が続きましたが、来週からは湿度が下がり、秋の風が吹いてくるそうです。
Waveよこはまも、またまたイベントに忙しくなりそうです。
どこかのお祭りで見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね!
posted by Waveよこはま at 18:49| 【エココラム】