2008年08月28日

神奈川の環境家計簿・エコボを使ってみました

キタハラです。

神奈川県のつくるインターネット環境家計簿「エコボ」をご存知ですか?

環境家計簿には、いろいろなタイプがあります。
企業がつくっているもの、行政のつくっているもの、エクセルのテンプレートをダウンロードして使うもの……さまざまですが、せっかく神奈川県に住んでいるので、神奈川独自のものを使ってみることにしました。

80828ecobo.jpg

エコボでは、まず自分がどこに住んでいるのか、何人家族か、一戸建てか集合住宅か(木造か非木造か)を登録し、自宅にある大型家電(洗濯機、冷蔵庫、テレビ、エアコンなど)の購入年数などのアンケートに答えます。
その後、入力画面に進みます。
電気(kWh)、水道(m3)、ガス(Mm3)、灯油(L)、ガソリン(L)など、その月のエネルギーの使用量を入力すると、それぞれのCO2排出係数に応じたCO2排出量が計算され、自分たち家族が毎月どれくらいのCO2を排出したのかが一目瞭然です。
過去にさかのぼって登録することもでき、今月のCO2排出量が、前月、次月、前年同月と比較して多いのか少ないのか、確認することもできます。
キタハラ家も、過去2年分くらいのデータは残してあるので、さっそく入力してみようと思います。
今年の1月、家の白熱球を電球型蛍光ランプに取り替え、待機電力をカットできるスイッチ式のコンセントに切り替えたので、その成果がどれくらい出ているのか、比較してみたいのです。ちなみに、目標値は「前年比マイナス6%」。果たして達成できているのでしょうか……。

「エコボ」のおもしろいところは、CO2排出量が類似世帯(2人家族で非木造集合住宅在住など)の平均よりも少ない場合、1kg-CO2あたり1ポイントが付与されます。これを足した数字をもとにeco評価ランキングが行われ、「エコボ」に登録している県内の人たちと、我が家のエコ度を競うことができます。
ちなみに、我が家は自家用車を持っていなので、ガソリン分のCO2排出量がすべてポイントになります。ランキング順位は相当高くなりそうです。

ただし、「エコボ」を使うには、神奈川県の「マイアジェンダ(=私の実践行動)制度」に登録しなければなりません。
持続可能な社会を実現するため、個人や組織が環境に配慮した自主的な取り組みを宣言し、それを登録します。
「アイドリングストップやエコドライブに取り組む」「節水や水の再利用をする」など、全部で35項目から自分のできる項目を選んで登録する、or、35項目が多いと思う人のために、10項目から選べる「もったいないバージョン」もあります。
インターネットから登録する人はこちら

登録したからと言って、何かが変わる、というわけではありません。自分がそれを実践できるかどうか、それにつきます。
環境家計簿も同じ。ただつけるだけではなく、我が家のエネルギー使用状況を把握し、地球のために何ができるのかを考える。
実は、エネルギーの節約は、家計の節約でもあるので、地球にもお財布にもやさしい。まさにコ・ベネフィットです。


posted by Waveよこはま at 10:41| 【エココラム】