2008年04月28日

横浜市の環境タウンミーティングに参加しました


キタハラです。

4月24日、Waveよこはまのスタッフが、横浜市と横浜市地球温暖化対策推進協議会による「第1回環境タウンミーティング」に参加しました。

環境タウンミーティング.jpg

横浜市は今年、「横浜市脱温暖化行動方針 CO-DO30」を打ち出しました。

これは、2050年度までに2004年度比で60%以上の温室効果ガスを削減するという長期ビジョンのもと、中間地点である2025年度には同30%以上の削減と、再生可能エネルギー(風力発電や太陽光発電など、化石燃料に頼らない自然資源を用いたエネルギー)の利用を現在の10倍にすることを目標に掲げました。

横浜市はこれまでに、2010年度までに2001年比でゴミを30%減らすという目標を掲げ、現時点ですでに目標を大きく上回る35%以上の成果を挙げています。

この成果をもとに、大都市が率先して地球温暖化の課題解決を目指し、「市民一人ひとりが行動すること」を促すのが「CO-DO30」なのです。
→詳しくはクリック! CO-DO30のあらまし(横浜市地球温暖化対策事業本部)


環境タウンミーティングでは、中田宏横浜市長による地球温暖化の現状と「CO-DO30」のプレゼンテーションの後、参加者との対話が行われました。

Waveよこはまからは代表の金子が手を挙げ、「来年は横浜で開港150周年関連イベントが開催されます。イベントでリユース食器を使うことで、リユースの概念が広がるチャンスになるのではないか」と意見を述べました。

それに対して、中田市長から「G30本部会議において、今年度、来年度の横浜市関連のイベントは、すべてリユース食器を使う方針に決まった。リユースの普及を徹底したい」と力強いコメントをいただきました。

Waveよこはまは「CO-DO30」に積極的に取り組み、市民のみなさんと一緒に「横浜からリユースの波を起こしていきたい」と考えます。

posted by Waveよこはま at 17:51| 【活動報告】