2008年02月10日

イベントやお祭りのゴミを減らそう


no-title

キタハラです。

お祭りでたこ焼きやお好み焼きを食べたり、ジュースやビールを飲んだりすると、必ずと言っていいほど大量のゴミが出ます。プラスチックのパック、輪ゴム、割り箸、発泡スチロールの容器、紙コップ、空き缶、ペットボトル…。「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「びん・缶」くらいの分別は行われますが、きちんと分別をしなかったり、ゴミ箱からゴミが溢れ出して散乱している光景も。これでは、せっかくのお祭りも台無しです。

お祭りやイベントの主催者側は、いつもこのゴミ問題に頭を悩ませています。大量のゴミは処分にお金がかかりますし、何より、イベント後のゴミの山に罪悪感を感じる人もいるんだとか…。

そんななか、使い捨ての容器をやめて、繰り返し洗って使える「リユース食器」を使うイベントが少しずつ増えてきています。100円程度のデポジット料金(預かり金)を払って皿やカップを借り、食べた後は返却することでお金が戻ってきます。

リユース食器を使うことで、ゴミの量が減るばかりでなく、CO2の排出量削減に貢献することができます。たとえば、1回限りで捨ててしまう紙コップと比べると、3回使ったリユースカップの方がCO2排出量が少なくて済むのです(コップの製造から廃棄までのライフサイクルで換算:リユース食器ネットワークHP参照)。これなら、参加した人も「ちょっと環境にいいことをした」という気分になりますね。

リユース食器を使うことで、イベントに出展する人にとっても、紙コップや容器のコストや手間が省けるので、まさに一挙両得。

使えば使うほど環境にやさしいリユース食器。イベントを考えている方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
posted by Waveよこはま at 22:01| 【エココラム】